スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1ヶ月で10.5Kg!管理人自らのダイエット成功談 

去年の10月に私自身がうまくいったダイエットについてこのブログに2回に渡って公開しました。その当時のコメントにも成功談の喜びが書かれていました。


以下、そのときのコメントです。


はじめまして


俺も昔一月10キロ目指して飲食制限とランニングしましたよー、結果9キロと入院・・それも急性腎不全(笑)
BOOKSダイエットですか~、ちっと興味あります^^

なにをやるにもがむしゃらしかできない男σ(・∀・)夏を前に


試された後のコメントです。


ブックスダイエットって


簡単すぎないですか、やせちゃうんですねー^^;
びっくりですよ、夜食べてて痩せてるんだもんな。
すごいっすね、ちょっとやってみます^^


私の場合は1ヶ月でー10.5Kgに成功!


それは、本屋で立ち読みをしていた時です。ダイエット雑誌を見ていると、BOOCS(ブックス)ダイエットというダイエット法が記載されていました。


要約するとBOOCSは、Brain(脳) Oriented(指向型) Obesity(肥満) Control(調整) System(システム)の頭文字を採ったもので九州大学健康科学センター教授の藤野武彦教授が考案したダイエット法と書いてありました。


 


以下 「BOOCS――至福のダイエット革命」 藤野武彦著から引用します。


●BOOCS・基本の3原則


1 例え健康に良くても、嫌いなことは決してしない。
2 例え健康に悪くても、やめられないことは決して禁止しない。
3 健康に良くて、とても心地よいことをはじめる。


従来の減量法で失敗するのは、イソップの「北風と太陽」の寓話そのものです。旅人は、北風が強くなればなるほど、マントの胸をしっかりかきあわせて身を縮めます。



それを見ていた太陽は笑って雲をのけ、暖かな光で旅人を照らしはじめました。


するとどうでしょう。暑くなった旅人は、簡単にマントを脱いでしまったのです。


 脂肪というマントを早く脱げ、と言って、肥満者がもっともきらう北風をピューピュー吹きつけるこの方法は、禁止や抑制で脳にストレスを与えているだけではないか、とあるとき気がついたわけです。


これがBOOCSの第一歩でした。


この知識を元に自己流BOOCS(ブックス)ダイエットを試みました。


ダイエットとは、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることですよね。


その為には、食事制限、運動をするなどの努力が必要です。食事制限については、カロリー計算したり、夕食を軽めにしたり、脂分を控えたり、間食をしない等々いろいろなことが言われています。


確かに理にかなったことばかりです。でも、私みたいなルーズな人間には長続きしません。 逆に、ストレスが溜まってイライラ、「今日はいいか?」なんて言いながらやけ食い!(そんな弱い自分にストレスが溜まります)


 3食とも食事制限→イライラ感がたまる じゃ、どうすればいいの?


どこかで脳のストレス発散すればいいじゃん! 趣味、カラオケ、運動。。。それもいいけど、とにかく何でも好きなものを好きなだけ食べましょうよ!


それじゃ、摂取カロリー<消費カロリーの状態にならない?


だから、1日1食だけそうして、後の2食はなるべく軽く済ます。これだけです!運動は、したければすればいい。


 当然、私は夕食をその1食にしました。 夕食は、2時間くらい好きなものを好きなだけ食べて飲みました。 初日は、お寿司に、カレー、ラーメン、ビールでした。


2日目は、とんかつ、うどん、ビール3日目は、焼肉、ビールほんとに、食べたいものは全て食べました。


当然、朝はお腹が空きません。これだけです。→diet's[ダイエッツ]


お昼は、夕食に何を食べようかなど考えながらこれだけです。→diet's[ダイエッツ]


 痩せてくると、歩きたくなってきたので、たまに歩きましたが、そのほかは何にも運動はしませんでした。


たったこれだけで、1ヶ月で10.5Kg痩せました。


 途中で、夕食を減らしたらもっと痩せるかと考えてやってみましたが、ダメでした。なぜか、夕食を思いっきり食べたほうが、翌日体重が減っていたのです。


 つい先日も、知人の女性に同じことをやってもらったのですが、1ヶ月で3Kg減目標が、1ヶ月で4.5kg減りました。


 以上が、私の体験談です。 何か、わからない点がありましたら、お尋ねください。


 [お願い] 糖尿病、心臓病その他持病のある方は、主治医にご相談の上行ってください。このダイエットは、安全であると考えていますが、行う場合は自己責任で行ってください。


尚、減量速度には、個人差があります。


そう言えば1つ忘れてました、このダイエットは、夕食から始めてください。(昼食をたくさん食べるに選ばれた方は、昼食からです)


 


1食分わずか178kcal。しかもカラダに必要なビタミン・ミネラルをバランスよく配合しました。さらに、L-カルニチン、キシロオリゴ糖が健康ダイエットをバックアップ!


スポンサーサイト
[ 2007/06/28 23:24 ] ダイエット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reportanalyst.blog77.fc2.com/tb.php/40-7190adc2












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。